[ネタバレ注意]ドキュメンタルシーズン4もとうとう決着!最終話「最後の攻防」の感想。

Amazonビデオ

スポンサーリンク

 

どうも、おときちです。

Amazonプライムビデオにて好評配信中のドキュメンタルのシーズン4の最終話「最後の攻防」が配信されました。

長かった闘いも今回で最終話、果たして優勝者は誰なのか?今回も目が離せない内容となっております。

 

 

前回までの感想はこちら

 

 この記事の内容はドキュメンタルのネタバレを含みます

 

 

 

 

 

 

 

 

最終話 [最後の攻防]

 

 

 

前回井戸田の地上波では絶対に放送できないような行動により鉄壁と思われたクロちゃんのディフェンスにも弱点が見えてきて、更に闘いの行方が分からなくなったところからスタートした最終話。

この最終話の冒頭で視聴者には今誰がどれだけの攻撃ポイントを持っているか知らせる画像が表示されました。

 

出典 Amazon ドキュメンタル

 

 

これによれば現状くっきーが4ポイント保有でトップ、次いで宮迫が3ポイントという状況。このままいけばくっきーが攻撃ポイントの差で優勝となるが、宮迫も後1ポイントでくっきーと並びますし、他の人にもまだまだチャンスがあるように思えます。

ゾンビもかなり増えてきているので、まだまだ結果はわかりませんね。

 

 

 

 

 

 

千鳥の全裸漫才ゾンビ

 

 

始まって早々にゾンビタイムが発動、登場したのは千鳥の二人。ドキュメンタル史上初のコンビでのゾンビ。

 

出典 Amazon ドキュメンタル

 

 

披露したネタは全裸で漫才をするというもの。

ドキュメンタルは後半戦になるにつれほとんどの人間が全裸になったりしますが今回も例外ではないですね、肝心の内容ですが普通に漫才の内容も面白い。

ですがネタが終わっても笑うものは出ず、その後大悟が勃たせて登場するつもりだったが勃たずに勃たせるための努力を語っているところでノブがまたもや禁じ手の放尿を開始。

もうやだこの番組w

完全に意表をつかれた形で宮迫がバトル中にもかかわらず爆笑、続いて井戸田も笑ってしまい何とここにきて宮迫、井戸田の二人が退場に。

 

 

 

 

 

優勝をかけた最後の攻防

 

ゾンビタイムで二人が脱落したが、このドキュメンタルはただ耐えているだけでは勝抜くことはできません、残り時間も残りわずかになってきている事もあって、生き残っている者たちはできるだけ攻撃ポイントを稼ぐため、文字通り最後の攻防が始まります。

 

 

出典 Amazon ドキュメンタル

 

 

これは攻撃でもなんでもなく、ネタの準備の為他の者たちが席を外している誰もいない部屋での黒沢の1枚。もう極限状態が続きすぎてちょっとおかしくなってきているのが見て取れます。

 

 

出典 Amazon ドキュメンタル

 

 

くっきーも相変わらずアグレッシブに攻めています。

インパクトがすごい。

 

 

 

最後のゾンビタイム

 

 

残り時間も残り数十分程になってきたころ畳みかけるようにゾンビタイムが始まります。時間的にもこれが最後のゾンビタイム、ゾンビとしてはここで全てを出し切って全滅を狙っていくしかない状況。

 

出てきたゾンビは飯尾、宮迫、井戸田、ノブの4名。

 

 

出典 Amazon ドキュメンタル

 

 

その時の様子がこちら

 

 

出典 Amazon ドキュメンタル

 

 

ケツに空気を注入しておならを我慢するというどこかで見たことのある光景が広がります。

結局最後はこうなるのかw

 

ただ、このベテランの芸人がこの姿を晒し屁をかますという異常さに耐えかねたフジモンが普通に笑ってしまいます。

ツッコミで頭の回転の速いフジモンだからこそ見たままの光景以上のことを色々と考えてしまったんでしょうね。

これによりフジモンも退場、残り時間もあと数分の出来事でした。

 

 

 

 

とうとう優勝者が決定

 

 

フジモンが退場した時点での残り時間は何と4分ほど。

 

この残りわずかの時間でもくっきーがしっかりボケていたのがさすがだなと思いましたね。

そしてとうとう…

 

出典 Amazon ドキュメンタル

 

 

 

ドキュメンタルシーズン4 終了!!

 

 

そして優勝は、野生爆弾 くっきーに決定!!!

 

 

今回は誰もが納得する優勝なんじゃあないでしょうか、序盤から積極的に攻め続け、残り数分になっても攻撃の手を緩めることなく存在感を見せ続けた結果ですね。

 

 

出典 Amazon ドキュメンタル

 

 

 

賞金を受け取るくっきー。

 

この時「何かで表彰されたり、一位になった事は人生で初めて」と語っており本当に嬉しそうでグッときましたね。

本当におめでとう!

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

ドキュメンタルシーズン4が三度目の挑戦となるくっきーが悲願の初優勝を果たし幕を閉じました。

 

今回のドキュメンタル、今までにないレベルのお笑いの殴り合いといった感じでした。攻撃ポイントを見てもわかるように全員が様々な個性で笑わせにきていてドキュメンタルにありがちな笑いの起きない膠着状態が全くと言っていいほど無く、非常に見ごたえのあるシーズン4でした。

シーズン1から改定されてきたルールですが、今回を見る限りルールとしてはかなり完成に近づいてきているでしょうね。

優勝者にしてもしっかり笑いを取り続けたくっきーが勝ったので文句のつけようが無いです。

 

ただしょんべんまき散らすのは今回だけにしてもらいたいな…

 

 

 

次回のドキュメンタルは2018年の春ごろ配信予定だそうです!

参加者は誰になるのか等、今から楽しみですね。

 

 

それまではAmazonプライムビデオで今までのシーズンを振り返ってみて待つことにします。

 


 

後、ドキュメンタルシーズン1がとうとうDVD&Blu-ray化されたようなんで、紹介しておきます。

 

[amazonjs asin=”B077YZ52NK” locale=”JP” title=”HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン1 DVD”]

[amazonjs asin=”B077Y6GMVX” locale=”JP” title=”HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン1 Blu-ray”]

 

 

気になる方は是非!!

 

 

スポンサーリンク

コメント