【根掘り葉掘り】ギアッチョの魅力。

漫画・アニメ

スポンサーリンク

 

 

どうも、おときちです。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険第五部【黄金の風】のアニメが絶賛放送中ですね、プロシュート兄貴の出番が終わってしまって寂しい気持ちもあるのですが、この後も見どころはたくさんあります。

そんな中でも注目したい魅力的なキャラクターとしてあげたいのが暗殺者チームの1人である【ギアッチョ】です。

 

衝撃的な初登場シーンに加えて、隙のない無敵のスタンド能力、個性的なキャラクターとしてかなり読者の印象に残っているキャラクターではないでしょうか。

今回はそんなギアッチョの魅力についてネタバレ全開で書いていきます。

 

 

 

 

 

ギアッチョとは?

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

ブチャラティ達を追う[暗殺チーム]の一員。氷を操るスタンドをもっており、そのスタンド能力の弱点の無さからヴェネツィアにて対峙するジョルノとミスタをかなり追い詰めた。

水色の髪の超パーマにデカい赤縁のメガネと、かなり個性的だがお洒落なファッション。

性格は細かい言葉の言い回しなどを気にしがちでかなりキレやすい性格。初登場シーンでその一面を見せており、それが彼の代名詞とも言えるセリフになっている。

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

キレすぎwww

 

こんな感じで初登場から読者の心をつかんだギアッチョ。この後にヴェネツィアにてジョルノとミスタと戦闘になるのだがその時に見せたギアッチョのスタンド能力の性能の高さに絶望感を感じた読者も少なくなかったのではないのだろうか。

 

 

ちなみにギアッチョという名前はイタリア語で「氷」を意味するところからつけられたそうです。

 

ホワイト・アルバム

 

ヴェネツィアへ向かうジョルノとミスタの乗る車を襲撃するギアッチョ。車の上部に張り付き、即座に車内を血液が凍るレベルにまで下げる強力なスタンドパワーを見せる。たまらずミスタが拳銃で反撃するも氷を自分の身にまとい弾丸をも防いでしまう。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

 

そんな戦闘中でも細かい言葉の言い回しでキレだすギアッチョ。

 

 

ここではジョルノとミスタが機転を利かせ何とかギアッチョを車から振り落とすことに成功するも

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

 

 

自らのスタンド「ホワイト・アルバム」を身にまといアイススケートのように道路を滑って追いかけてくるギアッチョ。

この時点で攻撃力、防御力、機動性全てにおいてかなり隙の無い強力なスタンド能力である事がうかがえる。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

 

 

 

ホワイト・アルバムの弱点!?

 

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

一見無敵の能力に見えるホワイト・アルバムですが運河に誘い込み戦闘をする中でミスタが弱点を見つけることに成功。

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

それは呼吸をするための空気の通る穴。

 

ミスタはこの弱点を見つけるために水中に飛び込まずとも1人で目的の物を手にして身を隠すチャンスはあったのですが、このギアッチョの弱点を見つけるチャンスは水中にいる今しかないと思わせるほどミスタにとって脅威的な敵であったと印象付けられています。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

 

やっとの思いで見つけたギアッチョの呼吸の穴に弾丸を打ち込んだはずのミスタでしたが、これまでの戦いにより警戒心をましていたギアッチョは自分の周りの空気をも凍らせ空気の壁を作り、ミスタの弾丸をすべて跳ね返す。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

あかん…強すぎる…

 

 

 

 

ギアッチョとの決着

 

 

ギアッチョの無敵の能力に何とか立ち向かうジョルノとミスタ。

 

勝敗を分けたのは二人の「覚悟の力」でした。

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

このセリフ好き

 

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

 

ジョルノが自分の血液をギアッチョに浴びせ空気の壁を視認できるようにし、空気の壁を縫うように弾丸をギアッチョの空気穴に打ち込むミスタ。

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

やっとの思いで空気穴に弾丸を打ち込んだが、すでに空気穴をふさいだ状態で呼吸をする術を身に着けてしまっていたギアッチョ。とことん絶望させてくれる男です。

それでもあきらめないミスタは決死の覚悟でギアッチョに血液を浴びせ視界を奪い、よろめかせて鉄柱に固定させることに成功。

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

この時点ではまだ浅く、致命傷では無い為。自分に跳ね返ってくるとわかっていながら鉄柱に食い込ませるために弾丸を打ちまくるミスタ。この辺りの決死の覚悟にグッときます。

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

決死の攻防の中、ギアッチョは自身の血液まで凝固させ、いよいよ無理かと思われたその瞬間

 

 

ジョジョの奇妙な冒険[黄金の風] 荒木飛呂彦

 

 

 

圧倒的主人公。

 

いいタイミングで助けに間に合ったジョルノがとどめを刺し、かなりの苦戦を強いられるも何とかギアッチョを撃退することに成功。

 

 

 

 

まとめ

 

今回はジョジョシリーズでも最強クラスのスタンド使いである「ギアッチョ」を紹介してみました。

ホワイト・アルバムの特徴としては

  • 周囲の空気を凍らせ弾丸をも防ぐ装甲として身に纏うことができる
  • 地面を凍らせ車に追いつけるくらいのスピードで滑走することができる
  • 周囲の空気を凍らせ弾丸を跳ね返す壁を作ることも可能(ジェントリー・ウィープス)
  • 後頭部に呼吸のための空気穴があるのが弱点だったが、外の空気を取り込んだうえで穴をふさぐこともできるので実質無敵の防御力

 

ざっと挙げてみても全く隙の無い強力なスタンドである事がうかがえます。近接戦闘タイプのスタンドだと全く歯が立たないんじゃないでしょうか。

 

 

アニメ版のジョジョではどんな演技が見られるのかも非常に気になるところ、放送が楽しみですね!

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメント