中国で病気を拡散させて世界を絶滅させるゲーム【Plague Inc.】が流行っているらしいのでやってみた。

ゲーム

スポンサーリンク

 

どうも、おときちです。

 

連日、中国で大流行している新型肺炎【新型コロナウイルス】について報道されていますね。感染者は1200人超にのぼり、死者も40人を超える被害。日本でも感染例が確認されたりと、かなり被害がでています。

そして今、そんな中国であるゲームがアプリ売り上げランキング1位でベストセラーとなっているようです。

そのゲームは【Plague Inc.伝染病株式会社】というもので、内容は世界に伝染病を感染させて世界を絶滅させることを目的としたシミュレーションゲームです。

 

 

 

何とも不謹慎で笑ってしまったのですが、実際に現実で感染症の病気が流行っている今、こういったゲームで伝染病の恐ろしさを知るというのも一つの選択肢なのかもしれません。

 

ということで、【Plague Inc.伝染病株式会社】を実際に遊んでみました。

 

 

 

【Plague Inc.伝染病株式会社】とは

 

【Plague Inc.伝染病株式会社】とは、、Ndemic Creationsより配信されたシミュレーションゲームです。対応機種はiOS・Android。さらにPC版では『Plague Inc: Evolved』も発売されてます。

日本では2013年に日本語対応していて、日本でも有料アプリランキングで1位になった事があるくらいの人気のゲームです。

 

プレイヤーはまず病原体を選び、感染させる国を選ぶ。そうするとその国に一人の感染者が誕生します。そこから病原体を全世界へ広め、世界を滅亡に導くという目的のゲームです。

病原体を進化させることができて、感染力を高めたり、薬への耐性を強化したりしながら人類を追い詰めていきます。当然人類も薬の研究をしたりワクチンを作ってきたりして抵抗するので、いかにしてバレないように感染を広げていきながら人類を絶滅させるか、かなり頭の使うゲームになっています。

 

実際プレイしてみましたがかなり難しかったです。

 

 

実際にプレイしてみた

 

実際にインストールしてプレイしてみました(無料)

インストールすると最初は英語の画面で訳がわからないよなので、設定から言語を日本に変えます。変えた後再起動すると設定が反映されました。

 

最初は伝染病のタイプを選びます

 

 

 

病原体ごとに様々な特徴があるので、どれを選ぶかによってもゲームの進め方が変わってきます。

次に難易度を選びます

 

 

 

easyだと「誰も手を洗わない」「研究医が働かない」「病気の人はハグされる」そうですw

とりあえず最初はeasyで。

 

 

日本におときちを感染させました

ここから船や飛行機などを通って全世界に感染させていきます。感染させるためには「DNAポイント」というパラメータを使って病原体を進化させなければなりません。

右下にある「cure」が100%になると病原菌のワクチン(特効薬)が世界中に配備されてしまい敗北となります。

 

 

 

より多くの人間に感染させるための「伝染」

感染した人間にどのような症状が起きるのか「症状」

寒さや暑さに強くしたりできる病原体個々の能力が開放できる「能力」

 

これらを進化させていき、世界中に病原体を広めていくことが目的です。

 

 

 

感染していくと感染した国はこんな感じで真っ赤に染まっていきます。そして地球上の人間を全て死亡させることに成功するとプレイヤーの勝利になります。

 

 

 

病気って恐ろしい…

 

 

難易度は高め

 

最初はeasyでプレイしたので適当にやっていてもクリアできましたが、normal以上の難易度でやるとかなり難易度が上がります。適当にやっていてもまずクリアできません。

当たり前ですが、危険な病気が発見されればすぐに科学者に見つかりワクチンが開発されてしまいます。

 

 

まだ感染していない国があるのに「cure」は61%。これでは世界中に広める前にワクチンを作られてしまします。

 

 

 

案の定、おときちは根絶されました。

 

人類もバカじゃないので、危険な病原体が発見されれば感染拡大を防ぐために鎖国したり海外への渡航を禁止したりしてきて、なかなか感染させにくくなります。その間にワクチンを作られてゲームオーバーになってしまいます。

そうなる前に圧倒的な殺傷能力でワクチンも作れないくらい無力化させるか。それとも誰にも気づかれないようにじっくりと感染させていくのか。

遊び方は色々あります。

 

一応、normalで全ての病原菌をクリアしたのですが、基本的には各国に気づかれないように感染を広げていき、全人類が感染した事を確認してから一気に致死性の高い症状に進化させてワクチンを作る間もなく絶滅させる作戦が1番勝率が高かったです。

 

 

まとめ

 

今回は【Plague Inc.伝染病株式会社】をプレイしてみました。

世界中で人気のゲームだけあって、戦略性の高い非常に面白いゲームでした。何となくインストールしたのに休日が1日つぶれてしまって後悔しているくらいです。

 

新型肺炎が流行している中国でこのゲームの関心が高まるのは納得できました。

どうすれば感染が拡大するのか、逆にどうすれば食い止めることができるのか、色々と病気の感染について考えるきっかけになりました。

そして、改めて感染症の病気の恐ろしさについて考えさせられました。

 

このゲームの難易度「easy」では「誰も手を洗わない」とされてますが、実際まわりにいますよね?トイレの後に手を洗わない人。インフルエンザが流行っているのに熱があっても病院にもいかず会社に来る人とか。

こういった感染症に対する意識の低さは先進国日本においても結構多く見られる行為だったりします。

こういった行為が蔓延している所で病気を感染させるのは「easy」だという事です。

今回の件でも中国の初期対応の悪さなどが挙げられていますが、そういったことも含めて、改めて感染症の恐ろしさについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

Plague Inc. -伝染病株式会社-

Plague Inc. -伝染病株式会社-
開発元:Ndemic Creations
¥120
posted withアプリーチ

 

 

 

スポンサーリンク

コメント